©2019 by Yagura Inc.

WELCOME TO YAGURA

AR1.jpeg
 

OUR MISSION

五感と向き合う


株式会社やぐらは最先端のテクノロジーを駆使し「人間の五感」を深く理解した事業を創出し

事業創出者、およびステークホルダーのみなさま全てで「生きる意味」を見出していく会社です。


AIの実用化、およびシンギュラリティが叫ばれるようになった現代。

人類が自らの手で行ってきた判断および作業がマシンでも代替可能となり、

ありとあらゆるものが必然的に効率化・合理化されていく中で、

どのような営みが我々人類に「生きる意味」を与えてくれるのか。

この「途方に暮れるような哲学的問い」の解を得るためには

生きる意味とは何か、から問わねばなりません。

株式会社やぐらでは「生きる意味」=「幸福への階段をのぼりつづけること」だと定義しています。

幸福への階段を登りきること、ではなく「幸福への階段をのぼりつづけること」です。

「幸福を追求」し続けることで初めて生きる意味を得ることができる。

「希望を抱く」ことで初めて生に執着できる。

そして少しずつ階段を登っているから、前を意識し、「希望を抱き」続けていられる。

では何を幸福とするのでしょうか?

本質的に、そして根本的に幸福を定義するのは、お金でも、地位でも、学歴でも結婚でもなく本人の「感情」です。

テクノロジーが進歩して、物事が合理化・効率化されていっても、非合理の域を出なかった人間の「感情」。

そしてその「感情」を人間の脳内に生み出しているのは「体験」、つまり人間の五感で知覚できるあらゆるもの。

言い換えると非合理・非効率である「人間の感情」は、極めて合理的な

「人間の五感」から得られた情報が処理された結果です。

したがって、合理性を成している「人間の五感」という課題に真摯に向き合い、

テクノロジーというソリューションで事業を創造することで

非合理に思われた「感情」の中に、人類の幸福の階段を創造できると我々は信じています。

それはつまり、ステークホルダーの皆様の「生きる意味」を創出できることを意味し、


我々の「生きる意味」にも繋がっています。


この効率化、合理化の時代における人類のさらなる進歩のために。



代表取締役兼CEO 井手 隆

 

OUR INNOVATIVE TECHNOLOGY

Augmented Reaity

現実世界には実際には存在していないはずのものを、

現実世界上に出現させる技術を、現実を拡張(augment)すると言います。

そしてこの現実を拡張する技術、および拡張された現実をAR(Augmented Reality)と呼びます。

Niantic社の、Pokemon GoがARを利用したプロダクトの一つです。

我々は、GIS(Geographic Information System)を用いたスマートフォン用の

ARアプリ開発に強みを持っている会社で、現在までに3つのアプリを開発してきています。

開発には主にMicrosoft社のXamarinを使用したCross Platform開発で、

常にアメリカの最先端の文献と隣り合わせで開発しています。


コンサルティングや開発受託も随時受け付けております。

 

​CONTACT

お問い合わせの方はこちらからお願い致します。

封筒の束