speaknowblogpost.png

ネイティブが良く使う「攻撃」を表す6つの英単語|3分でスピーキング練習


ネイティブが独り言でよく使う英語フレーズとは?|3分でスピーキング練習

こんにちは!


スピーキングアプリ"SpeakNow"の運営スタッフMikakoです。


今日は、ネイティブが良く使う攻撃を表す6つの英単語を一緒に練習してみましょう。


「ネイティブが良く使う英語表現を知らなくて、会話で勘違いしてしまった」という経験をしないためにも、必ず押さえておきたい表現です。

 

この投稿はこんな人におすすめ!


いざ英会話・スピーキングに取り組もうと思ったら、

  • 「言葉が出てこない...」

  • 「話題が思いつかない...」

  • 「習慣化できない...」

そんなあなたに3分でスピーキング練習を完了できる英語フレーズ練習教材を動画とテキストで毎日お届けします。

 

もくじ

  1. 動画でネイティブの英語フレーズを学ぶ

  2. 動画の英文・和訳

  3. スピーキングしてみる!


 おまけ: 「え、恥ずかしいよ」と思った方はいませんか?

 




1. 動画でネイティブの英語フレーズを学ぶ

 

今回はSpeakNowで毎日日本人の英語添削をしているローレン先生が「ネイティブが良く使う攻撃を表す6つの英単語」について教えてくれます。


さっそく見てみましょう!







2. 動画の英文・和訳

 

聞き取れなかった時は、下記に動画の英文と和訳があるので確認してみましょう。



◆ローレンからのメッセージ

If you watched the trial between Johnny Depp and Amber Heard, maybe you have heard of this clip:

ジョニー・デップとアンバー・ハードの裁判をご覧になった方は、もしかしたらこのクリップをご存知かもしれませんね。


◆英文・和訳

(Amber Heard: “I did not punch you, I was hitting you!)

(アンバー・ハード:「私はあなたを殴っていないわ、叩いていただけよ!」)


So, what is the difference between “punching” and “hitting”?

では、「殴る」と「叩く」の違いは何でしょうか?


There are different types of hits and I will teach you that today.

攻撃にはいくつかタイプがあるので、今日はそれをお教えします。


1.Pinch

2.Flick

3.Slapped or Smacked (Slap or smack)

4.Shove (It is like a big push)

5.Scratch

6.poke

1. つねる

2. 弾く

3. はたく

4. 強く押す

5. ひっかく

6. 突く


Thank you so much for watching!

ご視聴ありがとうございました!





3. スピーキングしてみる!

 

早速、覚えたフレーズを「声に出して」みましょう。


私の場合はこんな感じです。


She flicked me in the face.

彼女は私の顔を指先ではじいた.


I slapped his face.

私は彼の顔をひっぱたいた。


I repaired the scratch of my car by myself.

私は車の擦り傷を自分で直しました。


She laughed and gave me a playful shove.

彼女は笑いながら、私にツッコみを入れた(私にいたずらっぽく小突いた)



>>"SpeakNow"で録音してネイティブから英会話添削を受ける

Apple Store

Google Play



次回の「3分でスピーキング練習」もお楽しみに!



もし今回の投稿がお役に立てていましたらツイートして頂けると励みになります。

感想やリクエストもお待ちしております!








「え、恥ずかしいよ」と思った方はいませんか?

 

英語が喋れるようになるために、とても大切なことが2つあります。


①とにかく声に出して、アウトプットの量を増やすこと


②それを実際にネイティブに聞いてもらい添削してもらうこと


なぜ重要なのかをご説明します。






①とにかく声に出して、アウトプットの量を増やすこと

 

いくらフレーズを暗記したからと言っても、日ごろから声に出して、英語を話していないと、「日本語に慣れてしまったあなたの口自体が英語を喋る妨げ」となります。


ですので、日ごろから英語を話すための準備として「自分の口を英語に慣れさせる」という行為がとても重要になってきます。


「今回の動画のフレーズはいつ使うか分からないからなぁ」


と悩む必要は一切ありません。


「自分の口を英語に慣れさせる」ためには、毎日いろいろな練習教材を使って、英語特有の発音を声に出して、口に覚えさせる必要があります。


このブログでは、そんな日々の練習教材を探す手間を省くために、毎日練習教材をお届けしていますので、「教材を探す時間が勿体ない」という方は、ぜひフォローしてくださいね。






②それを実際にネイティブに聞いてもらい添削してもらうこと

 

「日頃から声を出して練習しているのに、なかなかスピーキングが上達しない」と悩みを抱えている方も多いと思います。


それは、①で練習したフレーズを実際にネイティブに聞いてもらい添削してもらうという行為が足りてない場合に起こります。


ですので、「上達しないんだよなぁ...」と感じている方は、ぜひ知り合いのネイティブやオンライン英会話の講師に聞いてもらう機会を増やしましょう。


「知り合いにネイティブがいない」

「毎回、25分のオンライン英会話を予約するのはなぁ...」

「ネイティブを前にすると緊張してうまく喋れない」


という方には、


「あなたの英語を録音して送信するだけで、ネイティブが添削してくれる」


という便利な英会話練習アプリ「SpeakNow」がおすすめです。


予約もいらず、録音形式なので落ち着いてスピーキングの練習に取り組めます。


>>"SpeakNow"で録音してネイティブから英会話添削を受ける

Apple Store

Google Play


今、ダウンロードすると無料で添削を体験できるチケットが貰えます。


 

SpeakNowを使って日々の英語学習の悩みを解決した人続出中

SpeakNowのユーザーさんがどのような活用法をしているか紹介しています。


>>SpeakNowの活用事例とフィードバック例



英会話が家でできるようになる鉄板の勉強方法

この期に英会話の勉強方法をしっかり見直したいといと言う方には下記の記事がおすすめです。


>>英会話が家でできるようになる鉄板の勉強法 - Cloud Learning



無料相談実施中

SpeakNow公式LINEにて、アプリの活用法、勉強法の無料相談を受付しております。お気軽にお問い合わせください。


>>SpeakNow公式LINE




それでは、また明日!

See you later!



0 views