Search
  • mommyn

英語絵本の読み聞かせ凄すぎる効果って?最大限に生かすポイント4つ



「英語絵本の読み聞かせって、本当に効果あるの?」


「せっかく読むなら、より効果的な方法が知りたい!」


この記事では、


英語絵本の読み聞かせの効果と、それを最大限に生かすポイントについて、経験を元に、どこよりも詳しく解説しています!



結論から言うと、英語絵本の読み聞かせ効果はすごいです。


息子に7年間続けていますが、今かなり効果を実感しています。


読み聞かせのポイントを知っているのと知らないのでは、結果はもちろん、ママのモチベーションだって大違い。


最後まで読んで、ぜひ英語絵本の読み聞かせの効果を最大限に生かしてくださいね!


【英語絵本の読み聞かせ】凄すぎる4つの効果って?



「子供の情緒が豊かになる、想像力が育つ、親子のコミュニケーション」など、絵本の読み聞かせにはたくさんの効果があります。


英語絵本の読み聞かせは、それらに加え、英語教育としての効果もたくさんプラスされるんです。


①語彙力が伸びる


日本語の絵本でも同じですが、絵本の読み聞かせは語彙力を伸ばします。


英語絵本を読んでいると、「Elephant=ゾウ」など簡単なものはもちろん「Squirrel=リス」など難しい単語も普通に出てきます。


赤ちゃん用の絵本でも、私たちの知らない単語が結構あってびっくりします!


私たち親世代は、単語帳などで英語の語彙を増やしてきましたよね。


あれって、全然楽しくなかったし、そして全然覚えられませんでした…


英語絵本を楽しみながら、自然と語彙力を伸ばすことができるのは、読み聞かせの最大の魅力です。


②世界の文化を知る


英語絵本を読むことで、世界の文化を知ることができます。


絵本の中では、いろんな人種のお友達が一緒に遊んでいたり、日本にはない習慣があったり、親にとっても刺激がたくさんあります。


息子は、「Tooth Fairy」という乳歯が抜けたときに来る妖精の話を知り、感動したようで今も信じています。


幼児のうちから世界の文化に触れることは、いろんな視点を持つきっかけになります。


③英語が好きになる


幼児のうちから「絵本」という楽しいツールで英語に親しむことで、「英語=楽しい!」という気持ちを育てることができます。


「英語って楽しい、だから大好き」という気持ちは、子供の英語教育をするうえで、一番大切なこと。


親子の楽しい読み聞かせタイムは、英語を好きになる大きなきっかけとなります。


④親も学べる


英語絵本は、ママの英語の学びなおしにぴったりです。


短い文や簡単な単語が多いですが、ネィティブならではの表現がたくさんあります!


私も、わからない単語や、発音が不安なものがあるたびに調べています。


「知らなかった!」となることも多く、子供と一緒に学べるので楽しいですよ ♪


英語絵本の読み聞かせ効果を最大限に生かすポイント4つ



せっかくなら効果的に読んだ方が良いので、ポイントを4つご紹介します。


とはいえ「全部守らなきゃ!」と意気込む必要は全くありません。


無理のない範囲で、ぜひ参考にしてみてくださいね。


①大げさなくらい抑揚をつけよう!


英語絵本の読み聞かせには、大げさなくらい抑揚をつけてあげましょう。


「Yummy!」はおいしそうに、「Yacky!」はまずそうな顔や声で大げさに読むと、すごく笑ってくれます。


まだ言葉のわからない赤ちゃんでも、ママの声や表情がおもしろいと、楽しいし、英語絵本に興味を持つきっかけになります。


役者になった気分で、子供を笑わせてあげてくださいね!


②日本語には訳さない


日本語には訳さずに、なるべく英語のまま読んであげてください。


というのも、英語は英語のまま理解するのが一番だからです。


せっかく英語絵本を読んで「英語脳」を育てているのに、日本語を介して読んでしまったら、もったいないです。


意味が分からなそうな時は、ママの表情や動き、絵本の絵などを利用して伝えてあげてください。


③習慣化する


英語絵本の読み聞かせは、続けることが大切です。


毎日1冊でもいいので、習慣化できるようにしましょう。


本棚に英語絵本をしれっと混ぜておいたり、図書館で日本語の絵本と一緒に英語絵本も借りたりすると、自然と習慣化されます。


息子たちは、毎日の読み聞かせの時に、日本語と英語、両方の絵本を持ってくるようになりました!


④ママも一緒に楽しむこと


英語絵本の読み聞かせは、楽しむことが一番大切です。


子供が楽しいのももちろん大切ですが、どうせならママも一緒に楽しんでみましょう!


子供はママが大好きだから、ママが楽しそうにしていると、自分も一緒に楽しくなっちゃうもの。


子供の英語教育に真剣に向き合っていると、いろんな情報に振り回されて、ママひとりで悩んでしまいがちですが、


あまり深く考え込みすぎず、「楽しければそれでいっか」という気持ちが一番大切だったりするんですよ。


英語絵本の効果的な選び方って?



英語絵本は、選び方が難しく感じますが、あまり気負わずに、おもしろそうだなと思うものを選んでみてくださいね!


年齢より簡単なレベルの本を選ぼう!


英語絵本を選ぶときは「難しすぎるかな?」という内容よりも、


年齢より、少し簡単な絵本を選ぶのが良いです。


3歳の子に、赤ちゃん向けの英語絵本を選んでもかまいません。


親子で、無理なく読めそうなものを選んであげてくださいね。


どんな絵本かわからないなら、まずはエリックカールの絵本がおすすめです!


日本語でも有名で、絵もステキだし、簡単なフレーズが多いから読みやすいですよ。


子供の好きな絵本を選ぼう!


当たり前のことですが、子供の好きな絵本を選んであげてください。


動物が好き、乗り物が好き、など子供が好きなものなら楽しんでくれます。


日本語でも見たことのある絵本、好きなキャラクターなども親しみやすくていいですよ!


英語絵本の読み聞かせを7年間続けた…効果は?



息子に英語絵本を読み聞かせて、7年。


効果はあったなぁと、実感しています。


具体的な効果としては、

  • 英語絵本に抵抗を感じていない

  • 簡単な英語絵本なら読めるようになった

  • 英語絵本から語彙や文法を学んでいる


英語絵本に抵抗を感じるどころか、自分から図書館で借りてくるようになりました。


自分から「この英語絵本が欲しい!」と言って買ったこともあります。


そして、簡単な英語絵本なら読めるようになりました。


本当にたまにですが、長男は、弟に読み聞かせをすることもあります。


あとは、英語絵本から語彙や文法を学んでいるなぁと感じることがたくさんあります。


英語の勉強をしていた時に、「この表現、あの絵本にでてきたね!」となることがたくさんあって、学びが深まる瞬間を何度も経験しました。


英語絵本を読んでいて良かったなぁと、心から思っています。


英語絵本の読み聞かせは効果バツグン【やらない理由がない】


英語絵本の読み聞かせほど、英語育児に役立つものはないです。


日本語の絵本読み聞かせだけでも、子供にとって良いことだらけなのに、


それに「英語教育」としての効果がたっぷりプラスされる英語絵本。


やらない理由はないなぁと、改めて思います。


簡単に取り組みやすいので、ぜひ今日からでも始めてみてくださいね!