blog_header.jpg
Search
  • mommyn

英語絵本 赤ちゃんにおすすめ15選!選び方と読み聞かせコツも解説

Updated: Jun 14, 2021



この記事では、0歳児の赤ちゃんに「おすすめの英語絵本」をご紹介しています!


「0歳児でも楽しめる英語絵本って、どんなの?」

「英語絵本の選び方がわからない!」

「赤ちゃんに英語絵本を読み聞かせたいけど、どうやればいいの?」


といったお悩みをスッキリ解決いたします♪


最近、みんなやってる英語育児。


赤ちゃんの頃から英語絵本を読み聞かせたいと考えるママも、どんどん増えてきています。


でも、0歳児でも楽しめる英語絵本を選ぶのって、正直難しいもの。


普通の絵本選びでも難しいのに、


「英語絵本」となると、余計に選ぶのが難しくて、失敗しちゃうママも多いんです。


「せっかく買ったのに、全然興味もってくれない…」と後で後悔しないためには、事前によく調べておくことが不可欠!


この記事では、


  • 赤ちゃんにおすすめの英語絵本

  • 0歳児でも楽しめる英語絵本の選び方ポイント

  • 赤ちゃんへ英語絵本を読み聞かせるコツ


について、どこよりも詳しく解説します!


英語育児歴7年の私が、実際に子供たちに読んでよかった絵本もたくさんご紹介しますので、


しっかり読んで、赤ちゃんに合った英語絵本を選んであげてくださいね。


【英語絵本】赤ちゃんにおすすめ15選

0歳児の赤ちゃんでも楽しめる英語絵本を、15冊ご紹介します。


全部そろえる必要はもちろんないです!


「コレ良いなぁ」と思うものを、まずはどれか1冊選んでみてくださいね。


では、順番にくわしくみていきましょう。


まずはド定番!日本語でも人気の英語絵本


赤ちゃんの英語絵本を選ぶなら、まずは人気の定番絵本から。

英語と日本語表記、どちらでも有名な絵本を選べば、ママも内容を知ってるので安心です。



The Very Hungry Caterpillar(はらぺこあおむし)


出典:Amazon

日本語でもかなり有名な絵本。


文字数もしっかりあるのですが、リズムが良い文章なので、お歌としても楽しめます。


そして、なんといっても絵がキレイ!


エリックカールの絵本は、絵がカラフルでとてもキレイなので、まだ視力の弱い0歳児にぴったりなんです。


息子が0歳の時に初めて買ったのも、この絵本です!


置いておくだけでもかわいいし、長く使える、名作絵本です。


Hug(ぎゅっ)

出典:Amazon

「Hug」しか文字が出てこない絵本。


英語苦手ママでも簡単に読めます!


ママとHugする、すごくかわいいお話なので、読みながら赤ちゃんとHugすると楽しいし、


「ぎゅっとすること=Hug」と、体で覚えてくれます。


子供たちは、この絵本を読みながらHugするのが大好きでした!


絶対に食いつく!触り心地が楽しい英語絵本



Baby Touchシリーズ

出典:Amazon

日本語でもすごく有名な「赤ちゃんの脳を育てる」絵本。


ふわふわ、ザラザラ、などの触り心地が楽しめて、絵もカラフルで、文字も大きくて…


「ザ・赤ちゃんのための絵本」という感じ!


いろ、どうぶつ、のりもの、などシリーズもたくさんあるので、


赤ちゃんの英語絵本に迷ったら、まずどれか1冊を買えば、間違いなく気に入ってくれるでしょう!


音がおもしろい!繰り返しフレーズ英語絵本


リズムの良いフレーズが繰り返し出てくる絵本は、言葉のわからない赤ちゃんでも、音として楽しめます。


フレーズが歌のようになっているので、耳の良い赤ちゃんの頃から聞かせていると、文章を丸ごと覚えられるのがとても良い!


英語育児には欠かせない絵本です。



Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?

出典:Amazon

「はらぺこあおむし」と同じ、エリックカールの絵本。


リズムの良いフレーズが何度も繰り返されていて、まるで歌のように楽しく読めます。


たくさんの動物・色がでてくるのもすごく良い!


子供たちは、私が読むリズムに合わせて体をゆらゆらさせていました!


「What do you see?」なんて、中学生で習う文法なのに、赤ちゃんのうちから自然と身につけることができるのは、英語育児の最大の魅力ですね。



MOMMY! MOMMY!

出典:Amazon

あの有名な五味太郎さんの絵本。


「Mommy! Mommy!」「Here I am」が繰り返し出てきます。


単純なフレーズの繰り返しと、五味太郎さん特有のはっきりしたイラスト、


そして、たまに出てくる「Oops!」がツボにハマる赤ちゃんが多い!


「Here I am」はママもよく使う言葉なので、普段の語りかけにも使えます。


赤ちゃん大好き!しかけ英語絵本


0歳児は、しかけ絵本が大好き!


楽しい「しかけ」があると、赤ちゃんも興味を持ってくれます。


3〜5歳くらいまでは「しかけ」が大好きなので、長く楽しむことができますよ。



Where Is Baby’s Belly Button?

出典:Amazon

英語育児ではすごく有名な絵本。


「Where are baby's eyes?」と言いながら、赤ちゃんの体の部分を探すお話です。


ペラっとめくるしかけがあるので、0歳児でも楽しめます!


英語で読み聞かせながら、赤ちゃんの目やおへそを触ってあげると、「eyes=目」だということが、自然と理解できるようになります。


体の部位の英単語がたくさん出てくるので、英語育児にとても役立つ1冊です。



Where’s Spot?

出典:Amazon

犬のSpotを探すお話。


しかけ扉がたくさんあって、赤ちゃん心をくすぐります。


絵もシンプルでかわいいし、文も短いので読みやすい!


”Spot”が階段の下やクローゼットの中に隠れているので、「in」「under」などが感覚的に理解できるようになっています。


犬のSpotはシリーズになっているので、赤ちゃんが気に入ってくれたら、何冊か揃えるのも良いですね!



Dear Zoo

出典:Amazon

こちらも、英語育児で人気の絵本。


簡単なフレーズが繰り返されているので、英語苦手ママでも簡単に読めます。


動物がたくさん出てきて、「big、tall」など形容詞も一緒に理解することができます。


「grumpy」など馴染みない言葉もでてくるので、英語苦手なママにとっては勉強になります。


大げさに感情を込めながら「too big!!!」と読むと、笑ってくれますよ!


とにかく楽しい!お歌が歌える英語絵本


英語の歌が元になっている絵本だと、歌いながら読めて楽しい!


「英語絵本=楽しい!」思ってもらえる、最初のきっかけになります。


ママも歌詞を覚えて、たくさん歌ってあげましょう!



Twinkle, Twinkle, Little Star

出典:Amazon

日本語でも有名な歌です。


優しいメロディの歌なので、0歳児の赤ちゃんにぴったりです。


寝る前の読み聞かせや、ゆったりした時間に読んであげてください。



The Wheels on the Bus


出典:Amazon

英語育児をするなら、必ず歌うお歌です。


楽しい歌なので、遊びの中で歌いながら読んであげるのがおすすめ。


バスなので、男の子の方が長く楽しめるかもです!


語りかけに使える!あいさつ英語絵本


普段の生活に使う「あいさつ」が出てくる絵本。


英語の語りかけとして今すぐ使える言葉がたくさん学べるので、ママにも嬉しい絵本です!


Excuse Me!

出典:Amazon

「Where Is Baby’s Belly Button?」と同じシリーズで、こちらも有名な絵本です。


「Tkank you」「I love you」など、基本的なあいさつがたくさん出てくるので、英語の語りかけとして、普段から取り入れることができます。


あいさつは、コミュニケーションの基本となるもの。


語りかけとしても簡単なので、ぜひ毎日1フレーズから、取り入れてみてくださいね!



Yummy Yucky


出典:Amazon

いろんな食べ物が出てきて、「Yummy! Yucky!」が繰り返される絵本。


個人的には、絵がカラフルでとても好きです!


「Yummy」はおいしそうな声で、「Yucky」はまずそうな声で大げさに読むと、赤ちゃんも笑ってくれます。


同じシリーズの「Potty」は、トイトレの時にも使えるので、揃えてみるのもおすすめです。


長く使える!学びの英語絵本


赤ちゃんからでも楽しめる、学びの絵本をご紹介します。


大きくなってからも長く使えるので、赤ちゃんが飽きたらしまっておいて、また忘れた頃に読むことができますよ!


英語脳を育てる「英語のことばずかん」First 100 Words

出典:Amazon

カラフルな写真と英単語が載っている、ことばずかん。


写真や絵を見て、日本語を介さずに英語が出てくる力(英語脳)を育てることができます。


赤ちゃんのうちは、パラパラ絵を見てるだけでOK!


たまに、絵を指さして単語を読んであげてください。



読み書きも学べる「アルファベットの絵本」A is for Apple

出典:Amazon

アルファベットの読み・書きまで学べる絵本。


アルファベット部分が少しへこんでいて、指でなぞることができます。


赤ちゃんのうちは、へこみ部分がデコボコしていて触り心地が楽しめる!


扉をめくるしかけもあり、赤ちゃんからでも楽しめます。


ママの読み聞かせ次第では、フォニックスも取り入れやすい絵本です。



読む力を育てる「セット絵本」Sight Word Readers

出典:Amazon

「単語をパッと見て読む力」を育てる絵本。


英語育児では、かなり定番の絵本です。


1セットに、薄い絵本が25冊も入っていて、コスパ最強!


簡単で短い文章がリズム良く続く絵本なので、文章をまるごと覚えやすく、パッと見て読む力を育てます。


息子は、4歳頃には暗唱していました。


これから英語育児をしていきたいなら、長く使えるセット絵本です。


赤ちゃんの英語絵本の選び方ポイント5つ



0歳児でも楽しめる英語絵本の選び方、5つのポイントをご紹介します。


以下のポイントを参考にしながら、まずは1冊、選んでみてくださいね!


①有名な人気絵本


英語絵本で迷ったら、まずは有名な人気絵本を選んでみましょう。


みんな持ってる絵本を選べば、とりあえず間違いありません!


赤ちゃんのうちは、どんな絵本に興味を持つかわからないもの。


なので、誰も知らないような絵本よりも、人気のある有名な絵本を選ぶのが無難です。


②カラフルで見やすい絵本


0歳児はまだ視力が弱く、絵本をよく見ることができません。ですので、


  • 色がカラフル

  • 大きくてはっきりした絵


など、視力の弱い赤ちゃんでも見やすい絵本を選んであげましょう。


③しかけがある絵本


しかけがあったり、触り心地が楽しい絵本だと、赤ちゃんの食いつきが全然違います。


「英語絵本=楽しい!」と思ってもらえる、良いきっかけになる!


楽しい「しかけ」のある絵本は、ひとつは揃えておくのがおすすめです。


④音、リズムの良い絵本


赤ちゃんのうちは、まだお話の内容はわかりません。


それよりも、楽しい音やリズム感があると、とても喜んでくれます。


一緒に「あー!」と声を出したり、音に合わせて体をゆらゆらしたりできるような絵本だと、ママも赤ちゃんも楽しいですよ!


⑤丈夫な絵本


0歳児は、絵本を噛みますし、投げますし、破ります。


ですので、ペラペラの絵本より、分厚めの丈夫な絵本を選びましょう。


ボードブックや布製絵本だと、丈夫で安全です!


初めての英語絵本は何ヶ月から?


初めての英語絵本は、色や音に反応する生後3ヶ月頃から読み始めるのがおすすめです。


はじめのうちは、赤ちゃんの反応も薄いですが、


ママの声を聞いて、絵本を見ることは、とても良い親子のコミュニケーションになります。


とはいえ、絶対に3ヶ月から始めなきゃいけない!ということはありません。


焦らず、ママと赤ちゃんのペースで進めてくださいね。


赤ちゃんも楽しめる!英語絵本の読み聞かせのコツ5つ


0歳児への、英語絵本の読み聞かせのコツを、5つご紹介します。


しっかり理解して、いつもの読み聞かせに取り入れてみてください。


①最後まで読めなくてOK


0歳児だと、最後まで読めなくて当たり前です。


読んでる途中でどっか行っちゃうし、聞いてるのか聞いてないのか正直わかりません!


そんなことよりも、英語絵本は、親子で楽しく読むことがいちばん大切!


たとえ同じページしか見なくても、ページをどんどんめくってすぐに終わっちゃっても、赤ちゃんが楽しそうならそれでOKです。


「また最後まで読めなかった…」なんて、気にしないでくださいね!


②何冊でもOK


毎日◯冊読まなきゃいけない!なんて決まりはありません。


まだ赤ちゃんなので、英語絵本に興味がない日もあれば、10冊読みたい気分の時もある!


ママと赤ちゃんのペースに合わせて、好きな時に好きなだけ読んであげてくださいね。


③いろんなジャンルの絵本を読もう


赤ちゃんのうちは、興味の幅を広げるためにも、なるべく、いろんなジャンルの絵本を読んであげてください。


どうぶつ、のりもの、たべもの、いろんな種類の絵本を用意してあげましょう。


④読み方を工夫しよう


読み方を工夫すると、赤ちゃんも興味を持ってくれます。


楽しく読む声、静かに読む声など、少し大げさなくらいに変化をつけると、ママの顔や声がおもしろくて、赤ちゃんも楽しんでくれますよ!


⑤英語で語りかけよう


英語絵本を読み聞かせている時は、できるだけ英語で語りかけましょう。


せっかく英語耳が育っている最中なのに、日本語で語りかけちゃうのは、正直もったいない!


ママの語りかけで、英語環境をさらにアップしてあげましょう。



赤ちゃんに英語絵本を読み聞かせる4つの効果とは?



英語絵本の読み聞かせは、赤ちゃんにとって良い効果ばかりです!


4つの効果についてくわしく解説しますので、ぜひしっかり理解してくださいね。

①英語耳が育つ!


0歳〜2歳の間は、どんな音でも聞き取れる耳(英語耳)を持つ、魔法の時期だと言われています。


この時期は、英語の音に慣れさせる、まさに最高のタイミング。


赤ちゃんの頃から「英語耳」を育てると、リスニング力が格段にアップします。


②英語脳が育つ


赤ちゃんのうちから英語絵本に親しんでいると、英語を英語のまま理解できる「英語脳」を育てることができます。


これは、英語育児の最大の魅力。


7年間、英語育児をしてきた息子は、この英語脳がしっかり育っているなぁとつくづく思います!


③英語に違和感を感じない


0歳から英語絵本に親しむことで、英語に違和感を感じなくなります。


日本語の絵本もあれば、英語絵本もあって当たり前!という状況になる!


英語が、当たり前のように日常生活に存在するので、


英語に対して違和感を持つことなく、自然と受け入れることができます。


④ママの英語やり直し


英語絵本は、簡単な単語や文ばかりなので、ママのやり直し英語にぴったり!


子供に読み聞かせながら、発音や語りかけフレーズを勉強することで、ママの英語力アップにも繋がります。


英語育児で大切なのは、ママ本人が子供と一緒に英語や発音を学ぶこと。


ママも「一緒に学ぶ」姿勢を見せることは、子供の教育にとって、とても良い影響になります。


それに、ママが英語の発音を少し学ぶだけで、自信を持って、赤ちゃんに英語絵本を読んであげることができますよ!


赤ちゃんの今だからこそ楽しめる!英語絵本を読み聞かせよう!


赤ちゃんでも楽しめる英語絵本を15冊ご紹介しました。


英語絵本を選ぶ